読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま話したい相撲の話

相撲が好きです。ごく最近からのにわか仕込みではありますが、お熱です。

場所中は通勤時にワンセグ活用、走っておうちに帰って観戦、でも結局16時台のやつは録画してあるんだけどね、なんなら深夜の今日の取り組みも録るよ! といった体です。「お酢飲もう」との発言を「おすもう!?」と聞き違えたときには夫からなんとも言えない目線をもらいました。

今月は名古屋場所ですね。安美錦が小結まで上がってきてうれしいです。碧山がこんなに上がってくるとも思いませんでした。豊真将は所作がきれいなのと、あの馬面な感じがたまりません。千代鳳はちょっと下げちゃいましたがまだ若いしあまり気負わずにシュッシュ言い続けてほしいものです。舛ノ山も十両陥落で残念ですが、ぜんぜん上の方だしがんばっておくれ。

あともう、何と言っても稀勢の里。豆腐メンタルの汚名をぜひ雪いでほしい。あちこちのインタビューで「みなさんの期待に応えられないときが一番つらい」って言っているのをみて本当に大好きになりました。期待もあるけど愛されてるし、何より強いんだから大丈夫だよ!と言ってあげたい!あと、顔が好みです。牛久までトークショーに行くくらい好きです。

白鵬は帝王感強すぎるので、期待とかより「今日も見せておくれよ!」てな感じです。白鵬が勝ったときにtwitterで交わされる「知ってた」の応酬が好きです。

ここ最近力士や部屋がテレビによく出ていますね。舛ノ山のダンス、魁聖のおっかさん、式秀部屋の節約話、中村親方と唐橋さんの五月場所振り返り番組は見ました。平成の20番勝負、白鵬の密着、遠藤の情熱大陸は録画はしたけど未見です。これで場所間を乗り切れそうだ…。

完全に余談ですが、先場所国技館に見に行った際、琴欧州に握手してもらえました。手ふっかふかで一発ノックアウトです。あの柔らかさ、弾力、力強さ、たまらん。あれで張られたら本当の意味でも死ねるなと思いました。

書いたら棚卸し

元来飽き性な性格ですから、長くものを続けるというのは私にとってはたいへん難しい。書きものも考えごとも、好みも。その割にうじうじしたことに限って長らく苦しんだりはするけども。

ブログで言えば、ここは3つ目?です。学生の頃にずっとやっていたものと、その後に何かまとめ書きしておきたくて作ったものと、ここ。友人と何かしたくて建てたところもあるけど、私のことだけでいえばそのような感じ。ずいぶん前にどこかで読んだ「ものを書くことは頭の中の棚卸し、商品を把握していない人間に何の商売ができよう」という雰囲気のフレーズがとても腑に落ちたので、特に社会に出てからは強いても実践したく思っていましたが、行うは難いというのはほんとうですね。

なにしろ、冒頭のごとく、私が飽き性だということ。発火着火はしても続かない。スターターばっかりで、燃料タンクがあんまりありません。そういう意味では思いつきと実働と結果がごく短時間にあらわれる料理というものは性に合っているかもとは思いますが、その話はまたいずれ。

とはいえ、ものを考えていないというわけではなく。電車に乗ったり、掃除機をかけたり、髪を洗ったりしているときなんかにもやもや浮かんでは消えー浮かんでは消えーしますが、そういうのはドライアイスみたいなもので、どんなに「こりゃ真理!」と思ってもひゅっと消えます。それでまた同じことを考えていたりするから、結局キャッチ&リリースのループ。

そうなるということはやはり棚卸しが足らんということでしょうから、ものを書いて置いておいてみようと思っています。それがここです。表現にもいろいろあるけれど、ただ身のまわりを整理したいだけであればもの書きは元手も要らず、非常によろしいですね。そして、文章は私にとってももっとも身近な表現手法です。本が好きで、読みながら育って、いくらか活動的でないときもありましたが、今は人様の文章を扱っていくばくかお金をいただいていますから、まあ自分で選んだやり方とはいえそれなりにお付き合いを続けていると言っていいのではないでしょうか。

表現という意味では「書きたいものがあるから書く」ことが一番シンプルな動機であるのかもしれませんが、私はそうではないです。書けるようになりたいから書いてみます。私は常々、優れた表現者とは優れたフィルターの持ち主だと思っていますが、わが身がそこまでよいものでなくとも目詰まりや穴あきを放っておきたいとは思わないし、できればよりよいものにしてみたい。それは才能じゃないなら鍛錬かなとも思っています。

しかしここまでぼんやり書いてみたものの、まとまりないない。これでも一時期ちょっと論理派よりの人として扱われていたこともあったりするのですが、今じゃ説明アワアワ、わからなきゃ行って誰かに聞きゃいいでしょ、のオバチャン感覚を身につけつつあります。

(でもこれ、もしかしたら、これまでは自分のキャパ内でなんとか収まっていることしか扱っていなかっただけで、単純に自分のキャパ越えのことに相対するようになって本来の自分の実力不足が出てきた? のかもしれない。怖い怖い。)

あと、変換がこなれてなさすぎて校正の訓練にもなりますね。一度だけ読んだら振り返らないことにします。

はじめて

はじめまして、文章を溜めておくところを作りたくて書き始めました。目的も落ちもなくてもそれなりに書き散らかすことが目標です。

あと、長らくWindowsユーザーだったくせに勢いでMacに変えたので、Macさんで長い文を書くことに慣れるのも目標のひとつです。

どうぞよろしくお願いします。

 

書いている人

昭和最後の夏生まれです。大学を出て、働いたり働けなかったり働かなかったりして、今は都内で働いています。2年くらい前に結婚をしました。

趣味は割に雑多な人間です。酒、本、料理、映画、アニメなどなど。

 

ブログの名前

世のさまざまなことに対して、波のようだと思うことがとても多いので。